会社のメリット・デメリットについて

人材派遣というシステムは、派遣されて働くスタッフ側にも就労時間が自由になるなど大きなメリットがありますが、会社側にもメリットは多くあります。もしかしたら会社側の方がメリットが大きいかもしれませんが、会社側から見た人材派遣のシステムについて紹介しましょう。

メリット

会社側で派遣スタッフが必要になる時というのは、急に正社員やアルバイトが休職や退職したり、仕事が一時的に増加したことで、即戦力が必要になった時です。派遣スタッフは、一度正社員として働いた実績のある人材が多いので、会社側は一から仕事を教えなくてもすぐに即戦力として働いてもらえるのです。これは、その時だけ会社にメリットがあるわけではなく、長期的に見ても大きなメリットとなります。正社員やアルバイトをある一定の仕事ができるまでに育てるには、時間とお金がかかります。しかし、これらが全く必要なく即戦力になる派遣スタッフは、会社側にとっては重要な人材確保になるのです。しかも、働いて欲しい時期だけ人材を確保できるので、過剰な人員の確保の必要もありません。

デメリット

会社側のデメリットは、有能な派遣スタッフがいても、ずっと働いてもらうことができないことです。会社に余裕があればそのまま正社員として入社してもらうことも可能ですが、そうでないから派遣スタッフのシステムを利用しているわけです。仕事がまた増えた時に、その有能なスタッフを派遣してもらおうとしても他の会社で働いていれば派遣はしてもらえません。次のスタッフが前のスタッフのようにその会社に合っているかは不透明なので、安定した人材の確保、と言う点ではデメリットがある、とも言えるでしょう。

歯科衛生士のことなら歯科衛生士の仕事