人材派遣のメリット・デメリットについて

人材派遣というシステムは、派遣スタッフ側にも会社側にもメリットとデメリットがあります。一般的な正社員、アルバイトと比べてどのようなメリットとデメリットがあるのか、派遣スタッフ側と会社側の2つの方向から見て行きましょう。

メリット

派遣スタッフになる一番のメリットは時間です。希望する時間、曜日だけ仕事をすることができるので、子供がまだ幼い家庭や高齢者がいる家庭の人にとても向いています。また、身についているスキルや能力が高ければ、それだけ時給の良い仕事に就くこともできるので、スキルアップのしがいもあります。会社側のメリットとしては、即戦力となる人材が必要な時だけ来てもらえるということです。派遣スタッフはある程度経験がある人材が多いので、教育、研修などに時間と経費をかけなくても、すぐに仕事に対応できるのです。さらに、社会保険や福利厚生の手続きのも必要ないので、大きなメリットとなります。

デメリット

派遣スタッフのデメリットは、仕事に期限がある、ということです。そのまま契約社員として残れる可能性もありますが、正社員の人員が不足していない限りはそう簡単にはいかないでしょう。また、ボーナスや昇格が無いのも大きなデメリットとなっています。会社側のデメリットは、仕事ができるスタッフだったとしても、契約期間が終われば別の会社に行ってしまうということです。次に人材が必要になった時に、その有能なスタッフが来る保障はないので、常に安定した人材の確保は難しいと言えます。