雇用主

派遣スタッフと正社員との一番の違いは雇用主です。正社員は働いている会社に直接雇用されていますが、派遣スタッフは働いている会社ではなく、派遣会社と雇用契約をしているのです。これによって何が違うかと言うと、正社員は給与や保険、その他福利厚生など全てにおいて実際に働いている会社から支給されますが、派遣スタッフの場合にはこれらが全て派遣会社から支給されることになります。仕事の継続期間や派遣先なども直接派遣スタッフが働いている会社と交渉するのではなく、全ての交渉において派遣会社を通して行うことになります。

就業時間

通常正社員は会社の規則に則った就業時間ですが、派遣スタッフの場合には自分が働ける時間だけ働きます。家庭の事情や体力、その他の仕事、勉強などに必要な時間をしっかりと確保できるので、自分のライフスタイルを崩す必要がなくなります。

給与

勤務時間に融通が利く分、働く時間が正社員よりも少なくなることが多いので、給与は正社員に比べて少なくなってしまいます。時間を多く働けばそれだけ給与も増えますが、基本的に時間外手当やボーナス、昇格などは派遣スタッフには支給されません。時給だけを正社員と比較すると、派遣スタッフの方が多く支給されている例もありますが、これはそのスタッフの能力やスキルが非常に高いことを意味しています。昇格やボーナスなどは望めない派遣スタッフですが、常にスキルアップして経験を重ね、能力を上げていくことで、より時給の高い仕事を紹介してもらえうようになります。若い正社員ではなかなか任せられない仕事も、高い能力のある派遣スタッフであれば任されることもあるなど、派遣スタッフはその能力によって他の派遣スタッフと大きな違いを生み出すこともできます。